ちょっと本気でシステムトレード

数年前、トレードで負けて相場から退場。今度は本業のプログラミング力を武器にシステムトレードでリベンジ!

【週次】FX自動売買結果 (2020/02/17 - 2020/02/21)

f:id:systrader:20200202004109j:image 

私が運用しているFX自動売買トレードの
稼働結果をお伝えします。

 

サマリー

2020年7週目(2020/02/17 〜 2020/02/21)の確定収益
→ -715,958円

 

  • MAM(第二弾)
    利益:-137,582円 (週利 -13.7%)
  • ラプラス
    利益:9,849円 (週利 1.3%)
  • 虎徹
    利益:-588,225円 (週利 -113.6%)

 

詳細な運用結果

  • MAM(第二弾)
    運用開始:2020年1月7日
    資金:100万円
    利益:-137,582円  (週利 -13.7%)
    累積利益:-43,637円
    累積利益率 : 累積利益 ÷ 資金 ✕ 100 = -4.3%
    含み損益(週末時点):-138,139円
    含み損益率 : 含み損益 ÷ (資金 + 累積利益) ✕ 100 = -13.8%

  • ラプラス
    運用開始:2020年1月16日
    資金:75万円
    利益:9,849円 (週利 1.3%)
    累積利益:45,258円
    累積利益率: 累積利益 ÷ 資金 ✕ 100 = 6.0%
    含み損益(週末時点):0円
    含み損益率 : 含み損益 ÷ (資金 + 累積利益) ✕ 100 = 0.0%

  • 虎徹
    運用開始:2020年1月24日
    資金:約50万円
    利益:-588,225円(週利 -113.6%)
    累積利益:-517,857円 (累積利益 ÷ 資金 ✕ 100 = -100.0%)
    含み損益(月末時点):0円
    含み損益率 : 含み損益 ÷ (資金 + 累積利益) ✕ 100 = 0%
    運用ロット数:0.02 -> 0.01

 

総評

今週は、10年に一度と言われる

イカれた異常相場でした。 

 

特に日本円が2月19日から2日間で

約2.4円近く円安に動いたのは絶句。。

 

急激な円安の原因は諸説ありますが、

個人的にはコロナウイルスの影響で

オリンピック中止が秘密裏で決定となり

それを知った人が円売したとみてます。

(世界石油会議開催の直前に石油価格が

異常に高騰したのと同じパターン)

 

トレード界隈でも、

「MAM運用で資産の8割が吹っ飛んだ」

「運用していたEAの全資金が溶けた」

などの会話があちこちで語られています。

 

残念ながら虎徹の全資金が

溶けていまいました。

 

今回、大打撃を受けてしまったので、

取り戻すには少し時間が掛かりそうですが、

必ず巻き返すつもりです。

 

◼️ MAM第2弾

一時的に含み損が40%台に達したものの、

プロトレーダーさんの頑張りのおかげで

損失を小さく押さえることができました。

 

トレードはリアルタイムで

ウォッチしていたのですが、

「どんなメンタルの方なんでしょう...」

「普通では真似できない」

「人間業じゃない」

といった印象です。

 

今回の損切りは痛かったです。

しかし、これほどの荒れた相場でも

これくらいのダメージで乗り切れた実績は

イケてる将来展望を確信しました。

 

◼️ラプラス

こんなにイカれた相場でも

コツコツと利益を出し続ける

ラプラスって本当に優秀!!

 

先週も先週と同様に

金曜日はノーエントリーで

含み損0円となりました。

 

運用開始後一ヶ月ちょいで

含み損無しの6%の利回りは

相当優秀だと思います。

 

◼️虎徹

よその虎徹サポートLINEグループで

「全損切りしてください」との

アナウンスが入りまくっているのを

耳にしていました。

まさに阿鼻叫喚の地獄絵図。。。

 

しかし、自分が虎徹を開始したのは

1月末だったこともあり、

昔からやっている人とはポジションが違うし、

自分は持ちこたえられると

やや他人事に考えてました。

甘すぎました。。。

 

今後、虎徹に限らずナンピン系のEAを

使う場合は、確定損失ではなく、

含み損を多く抱えた時点で、

ロット数を減らしたり、

手動で損切りをするなりが必要。

 

私の資産運用ポートフォリオにおける

単利で攻撃型のポジションは虎徹でしたが

選手交代ですね。。。